ドメイン取得会社の人気比較情報!どこが一番評判いいの?

WEBサービス

ドメイン取得会社の人気比較情報!どこが一番評判いいの?

ドメイン名(domain name)は、IPネットワークにおいて個々のコンピュータを識別する名称の一部です。
インターネット上においてはICANNによる一元管理となっており、世界中で絶対に重複しないようになっています。
通常、IPアドレスとセットでコンピュータネットワーク上に登録されます。

●ドメイン共通ルール

※ICANNによる管理

全てのドメイン名は、ICANNの管理下に置かれます。
トップレベルドメイン(TLD)は、ICANNの承認を受けなければ新たに追加することができず、既に存在するトップレベルドメインもICANNの認めた者でなければ管理することができない。

※gTLD(ジェネリック)

.com(コム) .net(ネット) .org(オルグ)

※手続き順序

ICANN→レジストリ→レジストラ→リセラー→登録者という順序でドメイン名は登録を受けます。

※先願主義

ドメイン名を使用する権利は、一番初めに申請した者に与えられます。
有効期限が経過しても前登録者が更新手続をしなければ、45日間の「自動更新猶予期間」を経て、誰でも再登録可能な状態になります。

※権利期間

ドメイン名は、登録から最低1年(一部2年の場合もある)使用することができます。
期限を迎える前に更新手続を行うことにより、期間を延長することができます。
なお、複数年の更新手続を行うことができる場合もあり、この場合、手続日から1年単位で、最大で10年を超えない期間まで手続可能であります。

※whois情報の公開

ドメイン名は登録されると、1.登録者、2.技術担当者、3.支払担当者、4.登録年月日、5.有効期限、6.ネームサーバー、等の情報が、WHOISというデータベースに登録され、公開されます。
ここには各担当者の氏名、住所(国名含む)、電話番号、電子メールアドレスなどといった個人情報も公開されることになります。
従って、最近の個人情報保護意識の高まりから、登録業者によっては業者名義にて登録可能なサービスを提供している場合もあります。(最近はこのようなケースがほぼ常態化している)

【中古ドメイン】

※中古ドメインの販売会社が実際は存在する。一時はSEO的に非常に有利という理論が先行し、高額な中古ドメインが出回った時期もある。現在もネット上では人気があるようだ。
しかし近年になり、大手検索サイトのアルゴリズムも大きく変化し、今後はSEO的に果たしてどうなのか?疑問も残るため、敢えてここでは紹介はしなかった。
興味ある方は「中古ドメイン 販売」とぐぐれば何店かヒットするのでそちらでご参考頂きたい。

【ドメイン取得会社は?】

※ドメイン取得を専門にしている業者は多いようで実は専業となると少ない。
※サーバーを借りる時に、セットでその会社から購入する事例が多くなった。
※サーバーを借りると、(契約コースにもよるが)プレゼントドメインとして、1つを選択できるシステムも実際に普及されている。
※又はドメイン取得会社であっても、レンタルサーバーも実は運営をしていて、ドメインを取得すると1年間無料でサーバー(一定領域)をプレゼントするケースもある。
※従って、ドメインを特に安価で入手したい、又は特殊なドメイン名で登録を希望する者がドメイン取得会社を利用するケースが多い。

 

 

 

ムームードメイン

「ムームードメイン」は「ロリポップ!レンタルサーバー」を運営するGMOペパボ株式会社の低価格ドメイン取得サービス。
安い。とにかく安いのが「ウリ」。筆者も過去から随分と世話になっている。中には100円以下の設定もあるから驚きだ、コストをぐんと抑えて独自ドメインで本格的なサイトが運営できる。
4年前にもドメインを200円で契約すれば1年間ホームページ領域が無料というセールが確かあった。WPは不可とのことであったが、HTMLページは現在も元気に稼働している。初心者でも簡単にドメイン設定ができる機能と、手軽に取得できる価格帯で、「ムームードメイン」は2004年からサービスを開始して早くも15年を経過。自動更新設定が可能で、ドメインの管理がとても楽ちんだ。またお得意のムームーDNSを利用すれば、1つのドメインで複数のサービスが利用可能である。一括ドメイン取得や更新・まとめてお支払いなど複数ドメインの管理にも便利な機能は今日も健在であり、利用しない手はない。

お名前.com

ドメイン取得会社の草分け的存在。国内最大級の独自ドメイン取得サービス「お名前.com」。1999年のサービス開始以来、累計ドメイン登録1700万件を突破というから実績もナンバー1だ。
なんと550種類以上のドメインを取扱い、個人から中小企業、大企業まで幅広く利用されているのが現状。会社はGMOインターネット株式会社(東証一部上場)。
最近は「認識番号」を想起させる「.id」がオススメ価格で人気だ。わかりやすい「日本語ドメイン」「お名前メール」人工知能関連の「.ai」なども話題だ。
但し、Whois情報公開代行サービスは通常「980円/年」のところ、ドメイン登録と同時に申し込みした場合、無料の「0円/年」で利用できる。

エックスドメイン

『エックスドメイン』は文字通りエックスサーバーが提供するドメイン取得サービスであり、同時に無料レンタルサーバーをセットにした商品だ。ドメイン取得が他社と比較すると、割高感は否めないが、実は既存のエックスサーバー体感体験者から思うに「超出血サービス」にも思えるコースではないだろうか。
まずは「.com」など定番ドメインが年額1,180円から(税抜)のお手ごろ価格で取得可能であり、Whois情報代理公開機能に無料対応が嬉しい。さらに変な話?、ドメイン契約なしでも無料でご利用可能なサーバー機能が付加される。さらにメール機能も利用可能である。エックスサーバーを少し体験したいという方にも決して損の無いシステムであり、筆者も当初はここからエックスサーバーの虜となった。
いずれにしても良質かつ安定し、コストも費用対効果は抜群の『エックスドメイン』のシステムである。
ドメイン契約中のユーザーは、ディスク容量増加や、さらにパワーアップしたサービスをも利用できるという柔軟対応が「キモ」のようだ。

スタードメイン

『スタードメイン』はネットオウル株式会社が運営する年額1,180円から(税抜)の独自ドメインサービス。DNSレコード編集やWhois情報代理公開など基本をしっかり抑えたドメイン登録が年額1,180円から(税抜)行える。
ドメインご契約とともに利用可能な無料サーバーサービス『スターサーバー』の恩恵も受けられる。『エックスドメイン』と同様にホームページの開設までできちゃうという構図だ。
ドメイン取得についてはよくキャンペーンも実施しており、その機会に合わせればさらにお得感は得られるというものだ。『.jp』『.co.jp』『.or.jp』などJPドメインもある程度安価にて取得可能。
申込から取得まで、ほとんど全てがネット完結型であり、面倒な手続きはほとんど無い。

コメント

●ここのページURLをQR Codeスキャンする

ドメイン取得会社の人気比較情報!どこが一番評判いいの?